ヒアロディープパッチと一般的なしわ対策の比較

ヒアルロン酸をお肌に直接
届けることができる
新しい小じわ対策スキンケア
【ヒアロディープパッチ】

 

効果や口コミなどは
こちらに詳しく書いています。

ヒアロディーップパッチの効果と口コミ

 

ここでは
ヒアロディーップパッチが
他の、今までの
一般的なしわ対策の方法と
どこが違うのか、
比較してみます。

一般化粧品による保湿ケア

化粧水、乳液、アイクリーム等で
お肌の潤いを補給する方法。

肌表面にはバリア機能(外からウイルスや刺激物が体内に入り込むのを阻止する機能)があるため、
塗るだけだとしっかり中まで浸透させるのに時間がかかってしまう。

ヒアロディーップパッチならバリア機能を突き抜けて
有用成分を角質層の内部まで届けることができるので
より効果的に、スピーディーに効果を実感することができます。
また、水分が蒸発することなく濃度の濃い美容成分を
お肌に届けることができます。

セルフケアによるマッサージ

目の周りの血行を良くしてお肌のハリをアップする方法です。
酸素や栄養素がしっかり届き、ターンオーバーの正常化につながります。

毎日継続して行うことが難しい。
また誤った方法による摩擦・刺激によってさらなるしわの原因になりえるので
注意が必要です。

ヒアロディーップパッチは週に1度、貼るだけで
ヒアルロン酸をお肌の角質層の内部に届けることができます。

セルフケアによる眼輪筋エクササイズ

目の周りの筋肉を鍛えて。たるみ防止。
血行を良くする効果も期待できます。

毎日継続して行うことが難しい。
また誤った方法による摩擦・刺激によってさらなるしわの原因になりえるので
注意が必要です。

ヒアロディーップパッチは週に1度、貼るだけで
ヒアルロン酸をお肌の角質層の内部に届けることができます。

美容整形外科でのヒアルロン酸注射

美容クリニックと腕の施術。
真皮にヒアルロン酸を直接与え、しわになって凹んだ部分を埋める。

どんなに安くても1回3万円はかかる。
施術を行う医者や病院の体制によっては失敗のリスクもある。
内出血・皮下出血・凹凸・目立つ・色素沈着・麻痺など。
大きなリスクがあるのに、効果の継続は数か月から半年程度。

ヒアロディーップパッチは、
美容整形のように肌の真皮層まで針を刺すものではなく、
角質層までなのでリスクがなく、
一般化粧品に比べると確実に美容成分を肌に届けられます。

マイクロニードルはもともと医療用の技術であった
経費ワクチンや注射の痛み・針が折れて肌内部に残ってしまう
というリスクを回避するために、
針そのものを薬剤で生成し、肌内部で溶かして薬剤を広げる、
という仕組みです。

 

その「溶ける針」は長さの調節が出きますが、
化粧品にする場合、有用成分は角質層までしか
浸透させることを認められていません。

 

そのため、長くても0.2mm(マイクロメートル)という、
肉眼だとよく見えないくらいの針を使って
有用成分をお肌に届けるようにしています。